巻き爪になる原因2-爪の病気から

一般的に巻き爪になる原因としては、爪を切る時に深爪したり、足に合わない靴を履いていたり、また先天的に巻き爪体質だったり、爪の厚さが薄かったりという場合がほとんどです。
しかしながら、これら以外にも爪の病気で巻き爪になるケースもあります。
どんな爪の病気の時に、巻き爪になりやすいのでしょうか。

■爪下出血

爪に強い衝撃、例えば上から重いものを落としてしまったり、ドアに指を挟んだり、自分の足より小さい靴を無理に履いて、激しい運動をするなどした場合に起こります。
爪床と呼ばれる、爪が覆っている指の肉部分に内出血が起こって、爪と皮膚の間に血栓ができてしまう状態を爪下出血と呼びます。
爪下出血そのものは、自然に治ることも多いですが、出血の量が多い場合は痛みも強く、血を抜かなければなりません。
そのような状態になるほどの強い衝撃を受けた場合に、巻き爪になりやすいのです。
爪が生え変わるのを待つのも一つの方法ですが、もし巻き爪による痛みがひどい場合は、必ず医師に相談しましょう。

■卵殻爪

爪そのものの厚さが薄くなってしまって、爪の両側が内向きに湾曲してくる病気を卵殻爪と呼びます。
この病気は、ダイエットを過度に行い過ぎたり、栄養不足状態が続いた時、薬物の常用や内臓疾患などを原因として起こると言われています。
この病気では、爪が非常に薄くなっているので、脆く、割れやすくなります。
もし爪が割れてしまったりすると、それによって巻き爪になってしまいます。
万が一、卵殻爪になってしまった場合は、少しでも爪が割れないような配慮が必要になります。
オイルマニキュアを塗ったり、足に合わない小さな靴を履かないようにしなければなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ